体験談

にんにくのハチミツ漬けの作り方。自分で作れて疲労回復など効能抜群!!

こんにちは!癒し師きゅうらくです!

 

毎年、作っている「にんにくのハチミツ漬け」

今年も仕込みました。

簡単に作れる上に、身体への効果も抜群なので普段からのセルフケアにうまく取り入れたいものですね!

にんにくハチミツ漬けに必要なもの

用意するものとして、

にんにく・ハチミツ・ビン(できるならガラス瓶とか)

今回(だいたい毎回同じなのですが)は、

にんにく5個(30〜40片)、ハチミツ1kg・・・で作りました。

(2019.6.24追記:これくらいのニンニクの量だとハチミツ1kgは多かったというのが正直なところです。おそらくハチミツ600gくらいでちょうど良さそうな感じですね)

にんにくハチミツ漬けの作り方

作り方そのものはとても簡単です。

①ニンニクの皮をむきます

外側の皮はもちろん、薄皮もしっかりむきます。ちょっと手間です。

底の根っこのところは切り落としてしまう方が良いですね。大きいかけらの場合は食べやすい大きさに切ってしまうのもアリでしょう!

②ビンの殺菌・消毒

基本的に、ニンニクもハチミツも殺菌作用が強いので大丈夫だと思いますが、使うビンは熱湯での消毒とアルコールでの消毒はしておいた方が良いですね!

③ビンにニンニク・ハチミツを入れる

にんにくを入れて、上からハチミツをかけていきます。

ひたひたくらいまで入れるのが理想ですが、2・3日でニンニクの水分も出てくるので、ハチミツをそこまで多くしなくても大丈夫ですよ。

④仕込み完了

後は毎日1回くらいかきまぜます(2週間くらい→追記:2週間と言わず、1ヶ月くらいはかき混ぜましょう!意外と漬かっているのとそうでないニンニクの差が出やすい気がしましたよ。)

最初の頃は比重の関係でニンニクが浮いてきてしまうので、かき混ぜることで毎日ニンニクがハチミツに浸かるようにします。

にんにくの水分が出てハチミツが少しサラサラして、ニンニクがシワシワになってくると食べることができます。1〜2ヶ月くらいが目安ですね。

(2019.6.24追記:1ヶ月で食べた時はまだ早い感じでした。2ヶ月だと普通に食べることができますが、味についてはもう少し改善できそうです(笑)食べた後の口臭は気にならないと思います)

1回作ると保存は長くできるので(1年くらい大丈夫)たくさん作っておくと便利ですよ。

にんにくハチミツ漬けの効能

にんにくの効能とハチミツの効能の両方とも併せ持っているわけですが、

その中でも特に注目したいのが

⚫︎免疫力アップ

→ニンニクとハチミツの殺菌作用によって、免疫力を高めてくれます

⚫︎血圧を下げてくれる

→高血圧の人はぜひ食べたいところです。ニンニク・ハチミツ共に血圧を下げてくれる作用があるので、両方合わさることで効果がさらにアップします(低血圧の方が食べても、それ以上低くなるわけではありません)

⚫︎高い疲労回復効果

→ニンニクは体を温めてくれたり、エネルギーの効率的な利用を助けてくれます。ハチミツは消化吸収の良いブドウ糖に加え、腸内の善玉菌のエサにもなるので胃腸の働きを良くします。

にんにくとハチミツが合わさることで疲労回復の効果がすごく高まるのです。

 

・・・出来上がった、にんにくハチミツ漬けは食べても「にんにく臭くない」のでニオイも気になりませんよ!

にんにくハチミツ漬けを食べるのに注意したほうが良い人

とても体に良い「にんにくハチミツ漬け」ですが、注意点もあります。

①食べ過ぎないようにする

にんにくの生食は胃腸粘膜を荒らすこともあるので、1日1・2片くらいにしておいた方が良いです。

②熱症の方は注意

体に熱がこもりやすい(中医学的に虚熱・実熱)人はニンニクを食べ過ぎると目ヤニや痰を生じやすいので注意が必要です。

まとめ

基本的に、食べ過ぎなければ「にんにくハチミツ漬け」は身体にとって非常に良いものです。普段の食事に加えて、栄養補助的に摂れると良いですね!

食べ過ぎには本当に注意した方が良いです。

うまくバランスよくにんにくを生活の中に取り入れたいですね!!